Lyricist: 秋元 康   Composer: 水流雄一朗


世界から空が無くなってしまえばいいと思った」
「そうしたら僕はもうあの空を駆け巡る鳥たちを羨むことはないんだ」
「空を飛んだってしょうがない」
「僕は鳥籠の中でいつもより大きな声で泣いた」

まぶた閉じてしまえば 見えなくなるって
分かってはいるけど勇気が無かった
天井のシミ眺めていると 何かしら意味あるように
思えてしまう1人の真夜中

どうせ醒めるならばどんな素晴らしい
幻夢だって見たくないんだ

現実に戻るのがきっと怖くなるから
それならいっそ寝返りを繰り返して
どうにか諦めたほうがいい
ベッドからもう起きようか
どうして頑張らなきゃいけないんだ?

Wow… 自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage
Wow Wow Wow…

もしも鳥籠の窓 開けてしまったら
逃げ出した鳥はどこへと飛んでいく
空の向こうに行きたい場所 叶えたい願いや夢が
あると言うならそれもいいけど

僕が作り上げたただの思い込みを
信じていただけなのかな

ここを出られないなんて被害者意識だった
見えない籠に閉じ込められているほうが
都合が良かったんだろう
カーテンをまた閉めようか
日差しが昨日よりも眩しかった

Wow… 世界は広いんだ
きっとまだ知らない何かがあるはず
そう探してみる価値はあるよ ここから飛び出そう
誰にも僕を止められない
強い風が遠くから吹くように
自分を試したくて 壊されたCage

人は皆 そこから動かないけど
誰も何も束縛していないんだ
傷つく可能性 不安だけで諦めている
籠の鳥よ

Wow… どこかに飛びたいよ
だってほら背中に翼があることに
気付いてしまったんだ
ここにいてじっとしていたほうが
安全だって言われたって羽ばたいてみたい

Wow… 今すぐ 自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage
Wow Wow Wow…

Cage

Preview Open KKBOX

Lyricist: 秋元 康   Composer: 水流雄一朗


世界から空が無くなってしまえばいいと思った」
「そうしたら僕はもうあの空を駆け巡る鳥たちを羨むことはないんだ」
「空を飛んだってしょうがない」
「僕は鳥籠の中でいつもより大きな声で泣いた」

まぶた閉じてしまえば 見えなくなるって
分かってはいるけど勇気が無かった
天井のシミ眺めていると 何かしら意味あるように
思えてしまう1人の真夜中

どうせ醒めるならばどんな素晴らしい
幻夢だって見たくないんだ

現実に戻るのがきっと怖くなるから
それならいっそ寝返りを繰り返して
どうにか諦めたほうがいい
ベッドからもう起きようか
どうして頑張らなきゃいけないんだ?

Wow… 自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage
Wow Wow Wow…

もしも鳥籠の窓 開けてしまったら
逃げ出した鳥はどこへと飛んでいく
空の向こうに行きたい場所 叶えたい願いや夢が
あると言うならそれもいいけど

僕が作り上げたただの思い込みを
信じていただけなのかな

ここを出られないなんて被害者意識だった
見えない籠に閉じ込められているほうが
都合が良かったんだろう
カーテンをまた閉めようか
日差しが昨日よりも眩しかった

Wow… 世界は広いんだ
きっとまだ知らない何かがあるはず
そう探してみる価値はあるよ ここから飛び出そう
誰にも僕を止められない
強い風が遠くから吹くように
自分を試したくて 壊されたCage

人は皆 そこから動かないけど
誰も何も束縛していないんだ
傷つく可能性 不安だけで諦めている
籠の鳥よ

Wow… どこかに飛びたいよ
だってほら背中に翼があることに
気付いてしまったんだ
ここにいてじっとしていたほうが
安全だって言われたって羽ばたいてみたい

Wow… 今すぐ 自由はどこにある?
そうだいつだって目の前にあるんだ
もう何も邪魔するもの無い 好きなことやればいい
自分が勝手に縛られて
古い常識の外へ出ないだけ
存在などしてない 想像のCage
Wow Wow Wow…