Lyricist: 324P   Composer: 324P


夏の终わりを告げる夕立が
ふたりの肩を激しく濡らす
また会えるよね、なんて きみは言うけど

青い空に浮かんだ飞行船
绿色に辉いた棱线
夏休みが终わると ここを离れる

さらば 夏の日 君に会いたいよ
息も出来ないくらいに好きだった きみのことが
过ぎていった 日々の影が 今もぼくを 责めるよ

蝉时雨の畦道を歩けば
夕焼け空に広がるうろこ云
10年ぶりのこの町は小さく感じる

なにかを探す 夏の少年
在りし日の自分を重ねてる
きみはもういないと わかっているけど

さらば 夏の日 忘れられないよ
あの日描いた梦を きみはまだ 忆えているの
风が吹いて 消えていった 思い出だけ 残して

どこに行っても きみの影を 见つけてしまう
今も鲜やかによみがえる あの夏の日
さよなら言いにきたはずなのに

夏の终わりを告げる夕立が
仆の心を激しく揺らす
ずぶぬれで歩く少女が きみに见えたよ

SAYONARA NATSU NO SHONEN

Preview Open KKBOX

Lyricist: 324P   Composer: 324P


夏の终わりを告げる夕立が
ふたりの肩を激しく濡らす
また会えるよね、なんて きみは言うけど

青い空に浮かんだ飞行船
绿色に辉いた棱线
夏休みが终わると ここを离れる

さらば 夏の日 君に会いたいよ
息も出来ないくらいに好きだった きみのことが
过ぎていった 日々の影が 今もぼくを 责めるよ

蝉时雨の畦道を歩けば
夕焼け空に広がるうろこ云
10年ぶりのこの町は小さく感じる

なにかを探す 夏の少年
在りし日の自分を重ねてる
きみはもういないと わかっているけど

さらば 夏の日 忘れられないよ
あの日描いた梦を きみはまだ 忆えているの
风が吹いて 消えていった 思い出だけ 残して

どこに行っても きみの影を 见つけてしまう
今も鲜やかによみがえる あの夏の日
さよなら言いにきたはずなのに

夏の终わりを告げる夕立が
仆の心を激しく揺らす
ずぶぬれで歩く少女が きみに见えたよ