黃昏

Lyricist: Kyasu Morizuki    Composer: Katsumi Ohnishi

黄昏は 夢も涙も
茜色に染めて
いくつもの傷と痛みを
輝きで癒すよ

何故 何の為に
生まれたのか
問いかける僕らを
嘲笑うように
誇らしげに
光放つ

翳りし残り陽の
闇夜に消える刻まで
他が為 照らす為
我が身を燃やして生きたいと
叫ぶ天空[そら]

黄昏に 別れし友の
想い出が滲んで
故郷の届かぬ風景
溢れては落ちてく

まだ果ても見えず
僕の行方
続いていくのだろう
ただ胸の奥で
刹那、刹那
脈打つだけ

儚く音もなく
夜空に呑まれようとも
暖め護る為
朱色に染まりし掌を
かざす天空[そら]

何故 最期の日を
恐れるのか
今ならば解るよ
まだ微笑う君と
名残惜しむ
未来がある

翳りし残り陽の
闇夜に消える刻まで
他が為 照らす為
我が身を燃やして生きて

儚く音もなく
夜空に呑まれようとも
暖め護る為
朱色に染まりし掌を
かざす天空[そら]