kanojyo

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎


彼女


日暮れと夜の 境界線定める星が 一つ二つ灯り始めた
ひぐれとよるの きょうかいせんさだめるほしが ひとつふたつともりはじめた
higure to yoru no kyoukaisen sada meru hoshi ga hito tsu futa tsu tomori hajime ta

朱色の海辺に君と 波の声が響く
しゅいろのうみべにきみと なみのこえがひびく
shuiro no umibe ni kimi to nami no koe ga hibiku

潮風に髪をまかせて 海を見つめてる横顔が 月明かりの青に染まる
しおかぜにかみをまかせて うみをみつめてるよこがおが つきあかりのあおにそまる
shiokaze ni kami wo makasete umi wo mitsume teru yokogao ga tsukiakari no ao ni somaru

見上げれば星座の群れ そっと手をかざせば
みあげればせいざのむれ そっとてをかざせば
miage reba seiza no mure sotto te wo kazaseba

降ってきそうな光は 遥か時を越えた奇跡
ふってきそうなひかりは はるかときをこえたきせき
futte kisouna hikari wa haruka toki wo koe ta kiseki

かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
かすかにきこえている たしかなみらいのあしおとに みみをすましていよう
kasukani kikoe teiru tashika na mirai no ashioto ni mimi wo sumashi teiyou

無邪気な背中に そっと願いを込める
むじゃきなせなかに そっとねがいをこめる
mujaki na senaka ni sotto negai wo kome ru



スカートのすそを結んで 靴放り投げて走り出す
スカートのすそをむすんで くつほうりなげてはしりだす
sukaato no susowo musunde kutsu hou ri nage te hashiri dasu

水辺の月を壊しては
みずべのつきをこわしては
mizube no tsuki wo kowashi tewa

「もう何処にも行かないよ」って
「もうどこにもゆかないよ」って
mou doko nimo yukanai yo tte

いたずらな瞳が 僕を見透かすように 笑っている
いたずらなひとみが ぼくをみすかすように わらっている
itazurana hitomi ga boku wo misukasu youni waratte iru

いつも戸惑わせる
いつもとまどわせる
itsumo tomadowase ru

かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
かすかにきこえている たしかなみらいのあしおとに みみをすましていよう
kasukani kikoe teiru tashika na mirai no ashioto ni mimi wo sumashi teiyou

白いキャンバスに 君の色が増えてく
しろいキャンバスに きみのいろがふえてく
shiro i kyanbasu ni kimi no iro ga fue teku



移りゆく時に流されないで
うつりゆくときにながされないで
utsuri yuku toki ni nagasare naide

困難も 乗り越えて行けるように もっと強く愛して
こんなんも のりこえてゆけるように もっとつよくあいして
konnan mo nori koe te yuke ruyouni motto tsuyoku ai shite

昨日より今日 果てなき明日へといくつも重ねてきた
きのうよりきょう はてなきあしたへといくつもかさねてきた
kinou yori kyou hate naki ashita heto ikutsumo kasane tekita

季節は どれもが色あせず 強く輝いている
きせつは どれもがいろあせず つよくかがやいている
kisetsu wa doremoga iro asezu tsuyoku kagayaite iru

かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
かすかにきこえている たしかなみらいのあしおとに みみをすましていよう
kasukani kikoe teiru tashika na mirai no ashioto ni mimi wo sumashi teiyou

いくつも重ねてきた 季節は どれもが色あせず 強く輝いている
いくつもかさねてきた きせつは どれもがいろあせず つよくかがやいている
ikutsumo kasane tekita kisetsu wa doremoga iro asezu tsuyoku kagayaite iru


かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
かすかにきこえている たしかなみらいのあしおとに みみをすましていよう
kasukani kikoe teiru tashika na mirai no ashioto ni mimi wo sumashi teiyou

白いキャンバスに 君の色が増えてく
しろいキャンバスに きみのいろがふえてく
shiro i kyanbasu ni kimi no iro ga fue teku

流れてく星たちに そっと願いを込める
ながれてくほしたちに そっとねがいをこめる
nagare teku hoshi tachini sotto negai wo kome ru