戰火之燈火

Lyricist: 黒うさ    Composer: 黒うさ

流れた時間は誰かの為に
大事なものだと気づくのだろう
まだこの声が届くのならば
せめて教えて

胸に残った 小さな灯火
いつか君と話していた想いがあった

ひとかけら繰り返す
サヨナラは言わないでと
激しさを増してゆく
戦火の中を走れと

もし君の手が ここにあるなら
今だけ 今だけ 離さないで
胸の痛みが 消えないならば
せめて笑って

汗は滲んで 埋もれたまま
今日は酷く 夜が長く寒くなってく

雨音がかき消した
泣き顔は見せないように
たとえここが果てでも
前を向けと叫んで

足りないものを 数えだしたら
氷雨はこの身を切り刻んだ
確かな事を 明日へ紡ごう
眠る間に

もし君の手が ここにあるなら
今だけ 今だけ 離さないで
胸の痛みが 消えないならば
せめて、ここで

流れた時間は誰かの為に
大事なものだと気づくのだろう
まだこの声が届くのならば
せめて教えて