不需要翅膀

Lyricist: 秋元康    Composer: 若田部誠

翼があったら
大空を飛んで
どこへ行ってみようかと
考えてみたけれど…

あの風に乗って
雲を横切って
今 僕の目指す場所が
思いつかない

空を飛ばなくても
歩いて行けるんだ
そんなに急ぐことはないさ
しあわせは待っている

翼はいらない
夢があればいい
大地を踏みしめながら
ゆっくり歩こう

翼が生えたら
自由になれるよ
どこへでも思い通り
願いは叶うだろう

その先が見えず
悩むこともない
目の前の嫌なことも
俯瞰で見られる

それでもなぜだろう?
歩こうとしている
自分で汗かいてるうちに
しあわせは近づくよ

翼はいらない
希望があるから
悲しみも道の途中
ひたすら歩こう

鳥は空から
僕らのことを
眺めて思う
翼が (翼が)
ないって (ないって)
素晴らしい

空を飛ばなくても
歩いて行けるから
自分が持ってるものだけで
しあわせになれるんだ

翼はいらない
今の僕がいい
遥かなる道の先を
夢見て歩こう
夢見て歩こう