頂尖對決

Lyricist: 新藤晴一    Composer: 岡野昭仁

肌を焦がすような 南風が吹いた
ほんの少し 喋りすぎた
さぁ始めよう Soul and soul

真っ白なクロスに覆われた
テーブルの上に残るグラス
キャンドルの 赤い火を 映す

フロアを踏み鳴らすリズムが
運命の足音なのなら
煽るような 手拍子はHeart beat

魂削りあう事でしか
分かり合えない事だってある
千の文字よりも確かに 刻まれてゆくんだ

オー!リバル 肌を焦がすような
南風が吹いた
言葉は意味をなくし 熱で感じあう
嵐呼ぶ輪舞曲

もっと別の場所で 何気ない場面で
もし会えていたなら どうだったろう
手と手を 取り合えたかな

むせ返る命の匂いと
目を細めるほどの色彩
我は今 生きているMy Life

音楽や絵画にあるように
過ぎてゆく日々一つ一つに
ささやかな題名をつけて
見送ってあげたい

オー!リバル お前は誰でもない
鏡の向こう側
この姿を映してる ありのままにただ
演じているだけ

心の中に住む 弱さを恐れてた
ウイルスみたいに いつかこの身を
蝕む 時が来ることを

オー!リバル オー!リバル
姿なき姿を 追い続けた先が
楽園ではなくても 夢ではなくても
この目で見てみたい

絆が刻むのは 踊り子のステップ
銀の髪飾りを 揺らしながら
何処へと 我をいざなう
呼び合うSoul and Soul