芥の部屋は錆色に沈む

Lyricist: こんにちは谷田さん    Composer: こんにちは谷田さん

どうしてこんなに、
僕の生活は
朝にだって昼にだって
夜にだって理不尽に苛まれ
どうにもできない、散らかった
部屋の隅で泥水を口に含んでも

「誰が僕を救ってくれるの?」
背後に張り付く視線は、
「彼の目がこちらを見ている」
タバコの煙で顔を隠したって、
その視線が僕を貫いて
飽き飽きしてんだ 薄汚れた
この生活から救ってくれ

このどうしようもない日々の傷口から
溢れ出した灰色の夢
これが何者にもなれない
僕らが見ている未来
このままじゃ、どうしようもない
僕が吐き捨てた彼を呪う言葉も届かぬまま
彼は罰すら与えてはくれないのさ、
この僕の愚かさに

どうしてこんなに、僕の生活は
昨日にだって今日にだって
明日にだって不条理に貫かれ
どうにもできない、凡庸な街の隅で
天を仰いで唾を吐いても

「彼が僕を救ってくれるの?」
紫の煙が泳いで
「もうそろそろ終わらせてくれないか」
目の前が白く染まるのを待っている
少しずつ明日が近づいて、
この生活から抜け出せずに
不安の種を芽吹かせている

このどうしようもない日々の傷口から
溢れ出した灰色の夢
これが何者にもなれない
僕らが見ている未来
このまま消え去ってしまうことさえも
叶わずに、僕らは息をした
ただ薄汚れた日常の中で、
狡猾に餌を奪いあって

斜陽さす小さな窓、
206号室で途方に暮れている
街が錆びついていく、
子供の声が遠くに聞こえた
ここに生まれてしまったこと、
醜い姿に育ったことを、
書き遺しておく

このどうしようもない日々の傷口から
溢れ出した灰色の夢
これが何者にもなれない
僕らが見ている未来
明日さえどうしようもないほど恐ろしくて、
彼を呪う言葉も届かぬなら
この手紙を書き遺して
終わらせたいんだ、明日が来る前に