Season Sayonara

Lyricist: 浮雲    Composer: 浮雲

季節知らないままさよなら

絡まってしまったんだって
気づいたの ほどく手段だなんて
薄まってしまったんだって
目を見たの 囁けないだなんて

もうどうにも あの場所にも 戻れないみたい
固まった額 夢ならそっと
朝日の中紛れ込んでいたい you were mine
常に抱いていた 嗚呼

そうじゃないってそう言って かわすの止めて
背中を 見せるぐらいなら
見つめないわもう結構 その眼を開けて
夢から 抜け出したように

ただ訳も無いままさよなら

指きった瞬間なんて 空の色 七色に光った
冷めきった終点なんて 秋空の 夕日に寄り添った

まあいいでしょ 何度もそう すがりたくはない
連なった誤解 今ならもっと
用意周到にやり過ごせそうじゃない you were mine
未だ巣食っていた 嗚呼

どんな邪が 胸を侵して
いつか枯れ落ちていくの
対になっていたって 輪郭がぼやけて
視線 捕まえられずに
また会う日なんて 余韻は捨てて
見えないところまで行って
あなたは知らないの 過ぎた季節が
繰り返すことなどないって

季節知らないままさよなら