櫻雨

Lyricist: Kiyoshi Matsuo    Composer: Jin Nakamura

ふたりで歩いた 川べりの道を
ひとりで歩く 三年ぶりに
少し速すぎる わたしの背中を
君の口笛 追いかけていたね

色づく街並みと ざわめく人たちが
この季節を告げるよ[It's spring!]
ここに来れば 会える気がした
何も知らなかったふたりに

桜を濡らす やさしい雨が
私の頬を伝わってゆく
どうかこのまま 降り止まないで
涙が乾くまでは もう少し
この雨に打たれていたくて

あの頃はいつも 何かに傷つき
消えない痛みで 不安ごまかした
見えない未来と 目の前の君を
心の中で 並べあわせて

想いを想い出にしたくて 出来なくて
時間だけが過ぎてく[Time flies]
春になれば 言える気がした
凍てついていた“Goodbye to myself”

桜を濡らす 日暮れの雨が
ふたりの街を 塗り替えてゆく
どうかお願い 降り止まないで
きれいに私たちの足跡を
洗い流して欲しくて

君の方 振り返らず
夢に向ってきたけど
なくした蒼さと つかんだ何かに
今はまだ とまどっている

桜を濡らす やさしい雨が
私の頬を伝わってゆく
どうかこのまま 降り止まないで
涙が乾くまでは もう少し
この雨に打たれていたい

桜雨 私の願い かなえてほしい
どうかこのまま 降り止まないで
どこかで気まぐれに君が吹いた
口笛の音 消し去るまで