四季口説

Lyricist: ------    Composer: ------

さてもめでたや新玉の春は心も若がえて
四方(よも)の山辺の花盛り
のどかなる代の 春を告げ来る 深山(みやま)うぐいす

夏は岩間を伝えきて 瀧(たき)つふもとに立よれば
暑さ忘れて面白や
風も涼しく 袖にかよいて 夏もよそなる 山の下かげ

秋は尾花が打ち招く 園のま垣咲く菊 花の色々めずしや
錦さらさと 思うばかりに 秋の野原 千草色めく

冬はあられの音添えて 軒端の梅の初花の色香も深く愛(め)であかん
花か雪かと 如何(いか)で見分けん 雪の降る枝に 咲くやこの花