Working Men Blues

Lyricist: 新藤晴一    Composer: 岡野昭仁

「歯車なんかになりたくはないんだ」と
ロック歌手が得意げ 声高に叫ぶ

そういうあんたには明日は変えられないよ きっと
Working men blues 連なってゆけ たとえ小さな歯車でも
噛み合ってゆけ 微力たちよ 硬直したこの時代に
お前がやらなきゃ誰がやる? Working men blues

「仕事とあたしのどちらが大切なの?」
涙を浮かべて問われた日もある

そりゃもちろん君さ そう言ってドアを出てきた
Working men blues 汗にまみれ 汚れた手を誇らしげに
掲げてみろ 血潮が今 働く意味を教えるだろ
代わりがいるなら連れてこいよ Working men blues

感謝の言葉など必要としていないんだ お前は

自分のため働いている 誰かのため捧げている
重なってゆけ その想いよ 先の時代 作るほどに
目立たぬ場所で踏ん張っている Working men blues