用溫柔的感覺

Lyricist: 越智志帆    Composer: 多保孝一

顔も知らない 名前さえも 知らない人が私を待っている
どこか遠くで 隣の駅で 生まれたての青空の下で
信じあうことを恐れて
少しずつ臆病になってた うつむいたまま
あなたがいて 私になる
幸せにはきっと 一人きりじゃたどり着けない
愛する人を抱きしめたい
私から輝いて生きていこう
もう一度 やさしい気持ちで

すれ違うのは悲しいけれど いつでも人を好きでいたいんだ
手でさわれない心はいつも 人と人が育てあうものさ
朝焼けが小さな花を 包むように 暖め合おう 大きな愛で
あなたがいて 私になる
幸せとはきっと 一人きりじゃつかめないもの
愛する人を抱きしめよう
私から輝きを送りたい
空のように大きな心で
街中が やさしい気持ちで
今日の日を やさしい気持ちで