Pineapple Army

Lyricist: Takanori Nishikawa    Composer: Shibasaki Hiroshi

抉り出す手流弾〔グレネード〕の真相
ささくれる無数の赤い導火線が刺みたいだ
なけなしの感傷と引き換えに
この手が掴んだものはガランドウでした

満身創痍の状態で放つ未来
渡る世間は どうせ鬼ばかりじゃないの?

どうして人は生まれて
どうして人は互いを傷付け合うの?
肌や瞳の色が違っても 命の重さ どれも同じだから
自分の道を 信じてきゃいい

空っぽんのお頭引っ叩いて
あれこれ知恵を絞った挙げた句が 裏面に出んだ
無駄に誰か妬んでみたって
何も変わりゃしないことくらい 分かってるけど

一心不乱に精々藻掻くくらい
必死になったって きっと罰当たりゃしないよ

どうして人は求めて
どうして人は心失くしてくの?
薄っぺらな紙切れには
どれほどの値打ちがあるって言うの?
自分の価値は 自分で決めるんだ

掠れるくらい息を切らして
呆れるくらい夢を語って
何度も躓きながら 真実〔こたえ〕を探し出すよ
巡り会うために 愛し合うために
僕らはここまで来たんだ

そうして人は生まれて
そうして人は互いを許しあうの
僕なりに刻む歩幅で
いつかキミのもとへたどり着くから
自分の意志で

それでも人は求めて
それでも人は何を失くしてくの?
何れ尽きるその瞬間〔とき〕まで
愛することだけは止めないから
人生の価値は 後で決めりゃいい