瞬き

Lyricist: 清水依与吏    Composer: 清水依与吏
幸せとは
所謂幸福
星が降る夜と眩しい朝が
不是繁星佈滿的夜晚和燦爛耀眼的早晨
繰り返すようなものじゃなく
這種周而復始的事情
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
而是能在雨中為重要的人撐起傘

何の為に生きて行くのか
該為什麼而活
答えなんて無くていいよ
就算沒有答案也無所謂
会いたい人と必要なものを
思念的人和珍貴的事物
少し守れたら
能稍稍守護住就夠了

背伸びもへりくだりもせずに
要是能不誇大也不壓抑地
僕のそのままで愛しい気持ちを歌えたなら
將我充滿愛的心意就這樣歌唱出來的話

幸せとは
所謂幸福
星が降る夜と眩しい朝が
不是繁星佈滿的夜晚和燦爛耀眼的早晨
繰り返すようなものじゃなく
這種周而復始的事情
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
而是能在雨中為重要的人撐起傘
瞬きもせずに目を凝らしても
並不是不眨眼的凝視著
見付かる類のものじゃない
就能找到的那種東西
だからそばにいて欲しいんだよ
所以希望你在我身旁

夢の為に生きられた人
為了夢想而活的人
逸れた道が正解だった人
走在不同道路的人
誰かの為に費やした人
為了誰而奉獻的人
自分を生きた人
為了自己而活的人

誰にもなれなかったけど
雖然沒有成為某個誰
ただ今日も僕を必要だと思ってくれたら
但只要你能依然需要我就好了

幸せとは
所謂幸福
星が降る夜と眩しい朝が
不是繁星佈滿的夜晚和燦爛耀眼的早晨
繰り返すようなものじゃなく
這種周而復始的事情
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
また弱さ見付けて戸惑う僕に
又因軟弱而迷惘的我
でもそれが出来るだろうか
就算這樣也有能做到的事吧
目を閉じて見付けた場所で
在閉上雙眼就能發現的地方

幸せとは
所謂幸福
星が降る夜と眩しい朝が
不是繁星佈滿的夜晚和燦爛耀眼的早晨
繰り返すようなものじゃなく
這種周而復始的事情
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
而是能在雨中為重要的人撐起傘
そしていつの間にか僕の方が
然後在不知不覺中
守られてしまう事だ
我成為了被拯救的那方
いつもそばに
一直在我身邊
いつも君がいて欲しいんだ
想要你一直在我身旁
目を開けても 目を閉じても
睜著眼時候也好 閉著眼時候也好