Tempest 風雨 - 日劇「龍之女」主題曲

Lyricist: Nao'ymt    Composer: Nao'ymt
海を眺(なが)める少女(しょうじょ)がいた
消えそうな阳(ひ)にしたたる滴(しずく)
空へ返そうと小さな手差(てさ)し出(だ)す
何を心に决めたのか
谁よりも私が知っている
泣いても一人 なら强くなろうと

时は巡(めぐ)り再来(さいらい)の风に吹かれて
その愿いは远く 谁かの明日(あす)を照(て)らすだろう
そんなに伤付(きずつ)いて上手には笑えなくて
今は少しだけ目を闭じて
岚がすぎるまで

抱(かか)えてしまった空洞(くうどう)を
埋(う)めようと选んだ言叶は
虚(むな)しく 响(ひび)き 过去へと流(なが)れつく

耳を塞(ふさ)ぎ生きているなら
それは色の无い 世界と同じだから
私はあなたを许(ゆる)したい

时は巡り再来の风に吹かれて
その想いは远く 谁かの涙拭(なみだぬぐ)うだろう

命(いのち)の恵みが広漠(こうばく)な大地(だいち)に溢れ
绝(た)え间(ま)ない悲しみなど
何処(どこ)にもありはしない

揶揄(やゆ)に舞う花(はな)びら
居场所(いばしょ)を探して
叫(さけ)んでいるんだ
声が 枯(か)れるほどに

ぬかるみに足を取(と)られ
最后の一人になったとしても
でもどうして 信じてしまう

时は巡り再来の风に吹かれて
その愿いは远く 谁かの明日を照(て)らすだろう
泣いていた 笑えていた
全てを慈(いつく)しんで
降り注(そそ)ぐ 光(ひかり)の中
この道を歩いて行こう
岚が去(さ)っていく