家庭餐廳 - 2012 Remaster

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之

何かを食べることで僕らは
確かに生きていられるけど
ただ食べるために生きているわけじゃ
ないことに気付かせてくれた君なのに

気になった些細なことで
けんかをしかけたみたいになって
何も食べずに悲しそうにしてる
顔見て僕も落ち込んでる

ほんとに ごめんね
おなかすいただろ?

こんな遅い時間でもやってる
あそこのファミレスに行こう
一緒に大きなメニューを広げて
何を食べようか ゆっくり決めよう
大事なことを見つけるためには
時間をかけた方が良いこともあるから
歩いて行こう

どんなにおいしそうな食事も
口喧嘩や叱られる声で
味なんて何もなくなって
のども通らなくなるよね

僕にだって同じような
思い出があるくせに
大事な君に感じさせてちゃ
痛みも意味がなくなるね

ほんとに ごめんね
僕もおなかがすいてきたよ

祈るように「いただきます」と
ちゃんと両手を合わせた後で
怒ったりして台無しにすれば
嘘をつくのと同じだね

こんな遅い時間でもやってる
あそこのファミレスに行こう
一緒に大きなメニューを広げて
何を食べようか ゆっくり決めよう
大事なことを見つけるためには
時間をかけた方が良いこともあるから
歩いて行こう