Number Nine

Lyricist: 米津玄師    Composer: 米津玄師
中文翻譯來源:箱庭博物館

歩いていたのは 砂漠の中 遠くに見えた 東京タワー
走在 沙漠之中 遠遠望見 東京鐵塔
君の抱いていた ボロいテディベア 笑ってみえた どこへ行こうか
你抱著的 破舊的泰迪熊娃娃 朝我笑著 該去哪才好

海みたいに 砂は燃えた かつてはここで 人が生きた
沙漠燃燒 好似一片汪洋 以前這裡 曾有人煙
先を急いだ 英智の群れが 壊したものに 僕らは続いた
先一步離開的 睿智群眾 留下的毀損物 由我們繼續

惑いも憂いも化石になるほど 嘘みたいな未来を想う
遙想那連迷惘與憂愁都會變作化石 謊言般的未來
切なくなるのも馬鹿らしいほど 優しい未来
遙想那連哀傷都不過是場笑話般 溫柔的未來

恥ずかしいくらい生きていた僕らの声が 遠く遠くまで届いたらいいな
害羞地生存至今的我們的聲音 若是能傳至遙遠的他方該有多好
誰もいない未来で起きた呼吸が 僕らを覚えていますように
願於無人的未來裡誕生的呼吸 能永不忘記我們

眩しくてさ 目を閉じたんだ 枯れた川を 辿りながら
因太過刺眼 我閉起了眼睛 沿著乾枯的河床 追尋
ほんの向こうで 君の声が 呼んでいたんだ 確かに僕を
聽到對岸 你的聲音 確實 在呼喚著我

未来と過去が 引っ張り合うんだ か弱い僕らの 両手を掴んで
過去和未來 從兩側拉著我 緊抓我們 脆弱的手
痛むことが 命ならば 愛してみたいんだ 痛みも全て
哪怕活著 即是痛苦 我也想試著去愛 包含痛苦的一切

いまだに心は不揃いなままで 息苦しくなる夜もある
如今還沒做好心理準備 也會有感到窒息的夜晚
言い訳みたいな美意識すら 消えちゃう未来
或有連那如藉口般的審美觀 盡皆消失的未來

砂に落ちた思い出が息をしていた 遠く遠くから届いていたんだ
落入沙中的回憶正在呼吸 從遙遠他方傳來此地
誰もいない未来の僕らの声が 美しくあれるように
願於無人的未來裡響起的我們的聲音 能永遠悅耳


何千と言葉選んだ末に 何万と立った墓標の上に
數千羅列的詞語之後 數萬豎立的墓碑之上
僕らは歩んでいくんだきっと 笑わないでね
我們定是會步行於那之中 可別笑我們啊
何千と言葉選んだ末に 何万と立った墓標の上に
數千羅列的詞語之後 數萬豎立的墓碑之上
僕らは歩んでいくんだきっと 笑わないでね
我們定是會步行於那之中 可別笑我們啊

恥ずかしいくらい生きていた僕らの声が 遠く遠くまで届いたらいいな
害羞地生存至今的我們的聲音 若是能傳至遙遠他方該有多好
誰もいない未来で起きた呼吸が 僕らを覚えていますように
願於無人的未來裡開始的呼吸 能永不忘記我們

砂に落ちた思い出が息をしていた 遠く遠くから届いていたんだ
落入沙中的回憶正在呼吸 從遙遠他方傳來此地
誰もいない未来の僕らの声が 美しくあれるように
願於無人的未來裡響起的我們的聲音 能永遠悅耳

何千と言葉選んだ末に 何万と立った墓標の上に
數千羅列的詞語之後 數萬豎立的墓碑之上
僕らは歩んでいくんだきっと 笑わないでね
我們定是會步行於那之中 可別笑我們啊
何千と言葉選んだ末に 何万と立った墓標の上に
數千羅列的詞語之後 數萬豎立的墓碑之上
僕らは歩んでいくんだきっと 笑わないでね
我們定是會步行於那之中 可別笑我們啊