夢想氣球(yukikago version)

Lyricist: 街頭塗鴉    Composer: 街頭塗鴉

歩い仕舞いの輪の前に立ち、飽きもせず眺めてる女の子
描かれた手取ったには、愛が流れてる
人はみんな同じ夢を見てるのかもね
絶え間なく連続して行くのは、未来の記憶を映すシャボン玉
希望を吹き込んで、また青空に飛ばす
恐れる事何て、何もなかったんだ
無意識昨日、かりらしさと言う風が吹くだろう
君はその風の中で、胸を張って踊ればいい
しがみついてた、多くの飾りを手放した時
君は君を取り戻す、愛のままで、素晴らしい自分を

約束と名付けられた絵の中、二人はどんな夢を見てたのかな
僕は小指と小指でつい、それを幾つ守れて来れたのだろう
考えさせられるよう
煙突強く取り沿うトザンボが、気が付けば僕を夜まで連れてきた
寂しさのぐたない町に星が光らない
今千年前の光が目に映る
幸せ何て言葉、もう忘れてたら、追いかける
その姿がどうであれ、僕の道であればいい
誰も唯旅人ね、何処かいるか、俄然歩いてる
挫ける度に愛する、人の笑顔に助けられながら

昨日がどうだったとか、あすはどうなって行くだとか
色んな事考えるけれど
ない物に怯えるより
ある物と向き合って行く強さを信じて活きて行こう