男與女(OTOKOTO ONNA)

Lyricist: Aska    Composer: Aska

誰もが一度は ひき返す道
二人でここまで 歩いて来たのに
あなたの心が 足をとられて
冬の坂道 ころがりはじめた

ふるえる肩越しに あなたのさよなら
背中で涙をかくす 私

あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
感じていたかった

言葉ひとつに うなずいたのは
あなたが望む離別 だから

心の支えは いつの時代も
男は女 女は男
あなたを信じて ささやかな夢
積み上げたのは女の 私

幸せだったと 最後に言わせて
せめてさよならは 飾ってみたい

あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
感じていたかった

あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと
感じていたかった

心の支えは いつの時代も
男は女 女は男