朝向明日的歸程

Lyricist: 山下穗尊    Composer: 山下穗尊
~~~前奏~~~
夕燒け 色に染まるる
この街の中 步いている
言葉 にすればいつも
伝わらなくて 胸にしまう
い つか 見たあの空に
浮かんだ雲に 似ているなぁ
ふわふわ 流れ行くまま
明日へ向かう 帰り道
一欠片の不幸せと 一欠片の幸せと
本當は二つを欲しがる
色褪せた 孤獨さでさえも
伸びる影 沈む夕日に 僕等は
何を願い 何を祈ろう とするだろう
細く狹い この道の行く 先には
變わらない 溫もりが 僕を待ってる
~~~間奏~~~
きらきら と瞬いてる
無數の星を 見上げている
あのどれか 一つだけでも
あなたのもとに 屆けたいな
ひとときの道のりの中
つぶやく 言葉を拾う
ひとひらの限られた時間
今まさに 暮れてゆく 街よ
伸びる影 沈む夕日に 僕等が
託された 日々の記憶とは何だろう
強く強く 胸を打つ鼓動を信じて
今日の日と あの夕日に 別れを告げよう
一つ一つ 零れゆく無數の淚は
花となり いつか僕等を 潤してゆくのでしょう
閉じかけた 胸のしじまに差し迂む
一筋の 光を連れて 家へと帰ろう
家へと帰ろう