Will

Lyricist: 藤原隆之    Composer: 中野ゆう

そう気付けばいつだって時間は
ねえどうして置いてくの 私を
ああ誰もが目も暮れず過ぎ去る
追いかけたい気持ちさえ 動き出せなくて

いつか教えてくれた 届かない願いはないって
ふと見上げれば 曇り空さえ眩しくて

求めるほど悲しいくらいすれ違ってく
遠いあの日指の先に確かに触れたのに
描いた理想どんな時も 忘れないから
いつの日にかこの両手が触れるまで 手を伸ばすよ

そう変わらない想いを抱いて
もう幾つもの季節が巡った
ああ遠回りしたけど気付けた
この道は誰でもない自分だけの道

いつか誰かが言った 決められた運命だなんて
どこにも無くて 自分で決めるものだから

何もかもを失ってもそれでいいから
遠いあの日誓ったこと この手で守りたい
描いた理想それだけはもう変わらないから
どんな時もこの両手は最後まで 掲げたまま

咲いて散る花のようにまた
何度だって芽を伸ばして

求めるほど悲しいくらいすれ違うけど
遠いあの日指の先に確かに触れたから
描いた理想どんな時も 忘れないまま
いつの日にかこの両手が触れるまで 手を伸ばすよ
もう一度願い込めて