クリスマスソング

Lyricist: 清水依与吏    Composer: 清水依与吏

どこかで鐘がなって
不知從哪傳來的鐘聲響起了
らしくない言葉が浮かんで
腦海中浮出了不像是我會說的話
寒さが心地よくて
令人感到舒服的寒冷
あれ 何で恋なんかしてんだろう
咦 為何在戀愛著呢

聖夜が鳴ったとくり返す歌と
大概是因為聖誕夜裡那重複播放著的歌曲
わざとらしくきらめく街のせいかな
還有故意閃爍著街道的錯吧

会いたいと思う回数が
想要與你見面的次數
会えないと痛いこの胸が
見不到你的這份心痛
君のことどう思うか教えようとしてる
似乎在向我訴說著 我對你的心情
いいよ そんなこと自分で分かっているよ
夠了 那種事情我自己也知道啊
サンタとやらに頼んでもしかたないよな
就算像聖誕老人許願也沒用對吧

できれば横にいて欲しくて
可以的話 我好希望你能在我身旁
どこにも行って欲しくなくて
希望你哪裡都不要去
僕のことだけをずっと考えていて欲しい
希望你能一直考慮關於我的事情就好
でもこんなこと伝えたらカッコ悪いし
但是這樣的事情傳達給你的話太遜了
長くなるだけだからまとめるよ 君が好きだ
想說的話太多了整理起來的話就是 我喜歡你

はしゃぐ 恋人 たちは
嬉鬧的情侶們
トナカイのツノなんか生やして
戴上了馴鹿的角
よく人前でできるな
多虧在人群面前也做得出來啊
いや羨ましくなんかないけど
不 雖然也說不上是羨慕

君が喜ぶプレゼントって何だろう
能讓你感到開心的禮物是什麼呢
僕だけがあげられるものって何だろう
只有我才能送出的東西又是什麼呢

大好きだと言った返事が
聽到「最喜歡你」之後的回答
思っていたのと違っても
雖然跟想像的有點不一樣
それだけで嫌いになんてなれやしないから
但才不會因為這麼小的事就變得討厭你
星に願いをなんてさ
像星星許願什麼的
柄じゃないけど
雖然不是我會做的事
結局君じゃないとイヤなんだって
如果不是和你一起我才不會這麼做
見上げているんだ
於是抬頭望著星空

あの時君に出会って ただそれだけで
僅僅只是因為當時與你相遇了
自分も知らなかった自分が次から次に
連我自己都不知道的自己就漸漸地出現了

会いたいと毎日思ってて
每天都想著 想與你相見
それを君に知って欲しくて
而又多希望你能知道這份心情
すれ違う人混みに君を探している
總在擦身而過的人群裡尋找著你的身影
こんな日も他の誰かと笑ってるかな
像這樣的日子裡 你又和誰笑著呢
胸の奥の奥が苦しくなる
心裡便漸漸痛苦了起來

できれば横にいて欲しくて
可以的話 我好希望你能在我身旁
どこにも行って欲しくなくて
希望你哪裡都不要去
僕のことだけをずっと考えていて欲しい
希望你能一直考慮關於我的事情就好
やっぱりこんなこと伝えたらカッコ悪いし
但果然 要是說出這種話會很拙吧
長くなるだけだからまとめるよ 君が好きだ
想說的話太多了整理起來的話就是 我喜歡你
聴こえるまで何度だっていうよ 君が好きだ
在你聽見之前要我說幾遍都沒關係 我喜歡你