銀の祈誓
From
銀の祈誓
Released

銀の祈誓

Lyricist: そらる    Composer: そらる

賽の目で決まるような
残酷な程に気まぐれな世界で
神様に与えられたちっぽけなこの手を

奇跡は失われた
その笑みを守ることも出来なかった
憧れた英雄譚など 稚拙な絵空事だった
祈り忘れた獣よ
この命枯れるまで 足掻いてやる

どうして どうして どうして
こびり付いて 消えてくれない
張り裂けるような 慟哭が

ねえ 返して 返して 返して
置き忘れてきた約束を
奪われた明日を

おもちゃ箱に隠された
綺麗事など ただのガラクタで
無力さに黄昏た
永遠なんてありはしないって分かっていた

命枯れるまで 抗え
無磁悲に 笑う世界が 変わらないとしても

振り上げた刃が 砕ける日が来ても
銀の誓いだけは 奪わせない 奪わせなどしない

気高き魂の旗
踏みにじられようと
この心 汚れることなど ありはしない

どうして どうして どうして
拒もうとも 離れてくれない
柔らかく 滲む眼差しが

ああ どんなに どんなに
この足が 傷ついても 止まりはしない
絶望の先まで

途切れてく意識の中で
耳鳴りだけ 止まない