NOTE

Lyricist: 小渕健太郎     Composer: 小渕健太郎

君と出逢ったあの日、
僕の胸の中に投げ込まれた
まっさらなノートの表紙には、
日付だけが記されていて、
どうやら、恋の始まりとはこういう事なのか? と気付いて、
何となく日々ペンを走らせた、
君には内緒で。

今はもう、読み切れないほどの思い出が溢れてる。
色褪せても、滲んでも、
どれ一つ消せやしない。

この五感全てで感じてる君を、
ありのままに書き記そう。
時々、働くもう一つで、
嫉妬や強がりも書き足せば、
そこに浮かび上がる、
君を包み込む愛しき想い。
さぁ、次のページをめくろう。
空白だらけの未来を。

主語無しでも成り立つ様な、
不思議な会話もお手の物さ。
でも、たまには歯の浮きそうな言葉も聞かせて。

例えば、勝手な思い込みで、
信じた分 凹むのも、
すれ違いも、馴れ合いも、
恋に隠されたスパイス。

あのガードレールを飛び越えれたら、
キスすると約束をした。
あれから、もうどれだけの壁を、
今日まで二人で越えたのだろう?
冬空に凍える君を包み込む、
マフラーの様に、
そっと肩を抱き寄せながら、
粉雪に濡れた道を。

空に浮かぶカイトヘと伸びたラインの様に、
か細くとも途切れはしない、確かな祈り。

変ってゆく君も、変らない君も、
ありのままに書き記そう。
油断した隙のマヌケ顔は、
大丈夫・・!美化して書いておくよ。
あの日だまりの様に、
君を包み込む愛しき想い
さぁ、次のページをめくろう。
空白だらけの道を。
粉雪に濡れた未来を。