炉心融解 (feat. 鏡音リン)

Lyricist: kuma    Composer: iroha
街明(まちあ)かり 華(はな)やか
エーテル麻酔(ますい)の冷(つめ)たさ
眠(ねむ)れない 午前二時(ごぜんにじ)
全(すべ)てが 急速(きゅうそく)に変(か)わる

オイル切(き)れのライター
焼(や)けつくような胃(い)の中(なか)
全(すべ)てがそう嘘(うそ)なら
本当(ほんとう)に よかったのにね

君(きみ)の首(くび)を絞(し)める夢(ゆめ)を見(み)た
光(ひかる)の溢(あふ)れる昼下(ひるさ)がり
君(きみ)の細(ほそ)い喉(のど)が跳(は)ねるのを
泣(な)き出(だ)しそうな眼(め)で見(み)ていた

核融合炉(かくゆうごうろ)にさ
飛(と)び込(こ)んでみたいと 思(おも)う
真(ま)っ青(あお)な 光(ひかる) 包(つつ)まれて奇麗(きれい)
核融合炉(かくゆうごうろ)にさ
飛(と)び込(こ)んでみたら そしたら
すべてが許(ゆる)されるような気(き)がして

ベランダの向(む)こう側(かわ)
階段(かいだん)を昇(のぼ)ってゆく音(おと)
陰(かげ)り出(だ)した空(そら)が
窓(まど)ガラスに 部屋(へや)に落(お)ちる

拡散(かくさん)する夕暮(ゆうく)れ
泣(な)き腫(は)らしたような陽(ひ)の赤(あか)
融(と)けるように少(すこ)しずつ
少(すこ)しずつ死(し)んでゆく世界(せかい)

君(きみ)の首(くび)を絞(し)める夢(ゆめ)を見(み)た
春風(はるかぜ)に揺(ゆ)れるカーテン
乾(から)いて切(き)れた唇(くちびる)から
零(こご)れる言葉(ことば)は泡(あわ)のよう

核融合炉(かくゆうごうろ)にさ
飛(と)び込(こ)んでみたいと 思(おも)う
真(ま)っ白(しろ)に 記憶(きおく) 融(と)かされて消(き)える
核融合炉(かくゆうごうろ)にさ
飛(と)び込(こ)んでみたら また昔(むかし)みたいに
眠(ねむ)れるような そんな気(き)がして

時計(とけい)の秒針(びょうしん)や
テレビの司会者(しかいしゃ)や
そこにいるけど 見(み)えない誰(だれ)かの
笑(わら)い声(ごえ) 飽和(ほうわ)して反響(はんんきょう)する

アレグロ・アジテート
耳鳴(みみな)りが消(き)えない 止(や)まない
アレグロ・アジテート
耳鳴(みみな)りが消(き)えない 止(や)まない

誰(だれ)もみんな消(き)えてく夢(ゆめ)を見(み)た
真夜中(まよなか)の 部屋(へや)の広(ひろ)さと静寂(せいじゃく)が
胸(むね)につっかえて
上手(じょうず)に 息(いき)ができなくなる

(Shout!!)

核融合炉(かくゆうごうろ)にさ
飛(と)び込(こ)んでみたら そしたら
きっと眠(ねむ)るように 消(き)えていけるんだ
僕(ぼく)のいない朝(あさ)は
今(いま)よりずっと 素晴(すば)らしくて
全(すべ)ての歯車(はくるま)が噛(か)み合(あ)った
きっと そんな世界(せかい)だ