蕭邦的謊言

Lyricist: 秋元康    Composer: 山本加津彦

ショパンの嘘つき

自分の両手が届けば
なんでも手に入れられると
いつしか信じ込んでいた

白と黒の鍵盤には
世界の全てがあるって
ママからいつも聞かされた

外では遊ばなくたって
友達がいなくたって
淋しくなんかなかったし

ピアノ弾いてるだけで
何をしてる時より 私は幸せだった

でもある日 窓の外の彼に恋をした
話しかけようとしたけど
声にならなかった

どんなに どんなに どんなに どんなに思っていても
言葉に 言葉に 言葉に 言葉に出来なければ
私の方を振り向くことなんか 絶対にないでしょう
指だけ 指だけ 指だけ 指だけ動き回っても
奏でるメロディ 高まる感情 伝わらない
それでも1人 弾き続ける
不意に瞳に溢れるショパンの涙

ショパンの意地悪

想像することの方が
現実に起きることより
素敵だって思ってたし

ピアノの蓋を閉めたら
何処へ出かけてみたって
私はひとりぼっちだ

ただ彼と 家の前の道を散歩して
私の知らない世界の
話を聞きたかった

こんなに こんなに こんなに こんなに思ってるのに
スコアに スコアに スコアに スコアに書かれてない
心の中で 叫んでいるだけじゃ 聞こえはしないでしょう
レッスン レッスン レッスン レッスン夢中でしたって
鍵盤から指離れてみなけりゃわからないわ
灯りもつけず まだ弾いてる
だけど後悔ないのはショパンの仕業

信じていた世界は狭かったし
今のリアルは音もなく夢もない Oh

ショパンがショパンが
ショパンがショパンが初恋だった
一生 一生 一生 一生忘れられないわ
誰と出会っても 恋に落ちても
ずっと聞こえるメロディー

ショパンのせいだわ

どんなに どんなに どんなに どんなに思っていても
言葉に 言葉に 言葉に 言葉に出来なければ
私の方を振り向くことなんか 絶対にないでしょう
指だけ 指だけ 指だけ 指だけ動き回っても
奏でるメロディ 高まる感情 伝わらない
それでも1人 弾き続ける
不意に瞳に溢れるショパンの涙