Kimi no Namae wo Yonda Atoni

Lyricist: 槇原敬之    Composer: 槇原敬之
寂れた駅の看板は
Sabireta eki no kanbanwa
破陋的車站招牌上

初めて見る名前が書いてある
Hajimete miru namae ga kaite aru
寫著頭一次看到的名字

紙コップのコーヒーは
Kami koppu no kohi wa
紙杯裝的咖啡

全くどこで飲んでもこんなにまずいんだろう
Mattaku doko de nondemo konna ni mazuin darou
說真的 不管是在哪裡喝 都一樣的難喝

大切なものは遠くにあると
Taisetsu na mono wa tooku ni aru to
最重要的東西 往往在最遙遠的地方

勝手に決めつけて僕は今ここにいる
Katte ni kimetsukete boku wa ima koko ni iru
如此任性以為 所以我現在才會在這裡

君は世界に一人しかいなくて
Kimi wa sekai ni hitori shikai nakute
你在這世界上是如此唯一

これから帰る街にいるのに
Kore kara kaeru machi ni iru noni
而且就在準備回去的城市裡

君に早く会いたいよ
Kimi ni hayaku aitai yo
好想早一點見到你

どんな言葉でもかまわない
Donna kotoba demo kamawanai
不管用怎樣的話語 我也不在乎

僕の名前を呼んだその後に
Boku no namae o yonda sono ato ni
在你呼喚了我的名字後

君が何をいうのかいますぐ聞きたい
Kimi ga nani o iu noka ima sugu kikitai
好想現在就聽見 你究竟說些什麼

今日も元気でいるだろうか
Kyou mo genki de iru darouka
是否你今天依舊無恙

僕がいなくて困っていることはないかな
Boku ga inakute komatteiru koto wa nai kana
我不在你身旁是否感到困擾

いないのも悪くないのかもと
Inai no mo warukunai noka moto
或者說沒我在也無所謂

思ったりしていないかな
Omottari shiteinai kana
你該不會這樣想吧

はやく戻ってくるのを
Hayaku modotte kuru no o
等待我早點回去

君が楽しみにしてるって
Kimi ga tanoshimi ni shiterutte
曾經以為你一直期待 等待我早點回去

胸を張って今想えないほど僕は
Mune o hatte ima omoenai hodo boku wa
現在我之所以不敢拍胸脯保證

君が側にいることを当たり前に感じてた
Kimi ga soba ni iru koto o atari mae ni kanjiteta
是因為我曾經以為 你在我身邊是理所當然的

この指先の温もりを誰かにも
Kono yubisaki no nukumori o dareka nimo
如果是指尖的這份溫暖

わけたいと作られたのなら
Waketai to tsukurareta no nara
是為了與某人分享的話

紙コップのコーヒーも
Kami koppu no kohi mo
那麼紙杯裝的咖啡

悪くないと思えた
Warukunai to omoeta
其實感覺也不差

君に早く会いたいよ
Kimi ni hayaku aitai yo
好想早一點見到你

早く会いたいよ 会いたいよ
Hayaku aitai yo aitai yo
好想早點見到

君の名前を呼んだその後に
Kimi no namae o yonda sono ato ni
在呼喚了你的名字之後

いつも側にいてくれてありがとうと言うよ
Itsumo soba ni ite kurete arigatou to iu yo
一直陪伴著我 我會謝謝你一直陪伴著我