笑中帶淚

Lyricist: 水野良樹    Composer: 水野良樹

「ひょっとしたら皆一人ぼっちで 歩いているんじゃないかな」
背負って込んだ寂しさを 打ち明ける訳も無く
またいくつもの背中が遠くなる

愛想笑いだけは上手くなってさ 大人にはなれたけど
僕が描いたてのは そんなものじゃないだよ
もっと強くて優しいはずの温もり

誰かが差し伸べてくれてる その手を握る勇気が僕にあるかな
ささいな何でも無い距離が ちっぽけなこの心をいつも試してる

涙の数だけ 笑顔があるんだそう、分かってるはずなのに
君の前ではなぜか強がるよ まだ素直にはなれなくて
悲しい出来事も 嬉しい出来事もそう、繋がれたらいいのに
そうやって 僕らは ひとつひとつね 心を 拾ってゆくんだ

失敗も裏切りも嫌なニュースも ごちゃ混ぜに胸塞いで
見えない振りしたってさ そりゃ生きていけるけど
でも僕はまだ逃げたくはないんだ

ドシャ降り 崩れていく雨が また誰かの声をかき消してゆくよ
そこには困った顔をして 僕と同じ寂しさを抱いた君が居る

正しい“答え”なんて分かる訳ないけどそう、諦めたくはないんだ
だって君が居て だって僕が居て 心は 求めているんだ

「変わり合うってことは 許し合うってこと」
“迷い”や“不安”でさえ僕らの“一部”なんだよ
ひとつ ひとつの涙を ちゃんと覚えておこう
ほら、また君と 笑い合えたら

笑顔の数だけ 涙があるんだそう、分かってはいるけど
嗄らした声で 何度も伝えるよ 君だけには届いて欲しいから
泣いてくれるなら 笑ってくれるならそう、強くなれる気がするよ
そうやって 僕らは ひとつひとつね 心を 繋いでいくんだ