靴の花火

Lyricist: n-buna    Composer: n-buna

ねぇ ねぇ
吶 吶
何か言おうにも言葉足らずだ
就算想說點什麼也說不清
空いた口が塞がらないから から
因為已經無話可說了
ねぇ ねぇ
吶 吶
黙りこくっても言葉要らずだ
沉默也好 不需要話語
目って物を言うから
因為只要相視就能理解
忘れていくことは虫が食べ始めた結果だ
之所以會忘記是蟲子開始啃食的結果
想い出の中じゃいつも笑ってる顔なだけ
回憶裡只有那張笑著的臉
夕暮れた色 空を飛んで
往被染上暮色的天空飛去
このまま大気さえ飛び出して
就這樣飛出大氣層
真下、次第に小さくなってくのは
在正下方越來越渺小的是
君の居た街だ
你曾在的街道

靴の先に花が咲いた
在鞋尖開了花
大きな火の花が咲いた
大大的火之花綻放了
心ごと残して征こう、だなんて憶う
把心留下啟程 曾這麼想著
そんな夏が見えた
看見了那樣的夏天

ねぇ ねぇ
吶 吶
君を知ろうにもどっちつかずだ
想了解你但總是捉摸不定
きっと鼻に掛けるから
一定是因為你那得意的臉
清々することなんて何にもないけど
明明沒有什麼心情愉快的事
今日も空が綺麗だなぁ
卻不禁覺得今天的天空也很美啊
僕の食べた物 全てがきっと生への対価だ
我所吃的全都是為了活下去的代價
今更な僕はヨダカにさえもなれやしない
如今我連夜鷹都當不成
朝焼けた色 空を舞って
在染上晨色的空中舞動著
何を願うかなんて愚問だ
有什麼願望都是愚蠢的
大人になって忘れていた
成為大人後都忘記了
君を映す目が邪魔だ
映照著你的那雙眼好礙眼啊

ずっと下で花が鳴った
花朵在深處鳴響著
大きな火の花が鳴った
大大的火之花在鳴響著
音だけでも泣いてしまう、だなんて憶う
只有聲音卻也留下淚水 曾這麼想著
そんな夏を聞いた
聽見了那樣的夏天

ねぇ ねぇ
吶 吶
空を飛ぼうにも終わり知らずだ
在空中不知道停止的飛著
きっと君を探してしまうから から
一定是因為忍不住在尋找你的身影

夕暮れた色 空を飛んで
往被暮色染上天空飛去
この星の今さえ抜け出して
那顆星星也想逃脫出來
真下、次第に小さくて
在正下方隨著我的升高變得渺小的
消えたのは君の居た街だ
消失的你曾在的街道
夏の空に花が咲いた
在夏天的天空裡花朵綻放了
大きな火の花が咲いた
大大的火之花綻放了
いつまででも泣いていたい、だなんて憶う
無論何時都想哭 曾這麼想著
そんな夏が消えた
那樣的夏天消失了