シルビア

Lyricist: 森山直太朗    Composer: 御徒町 凧

喫茶店のテーブルの上 氷を鳴らして
君を待つよ シルビア
物語もオチをなくし 彷徨っていないかい 駅前辺り
君を待つよ シルビア

交差点に立ちすくむ 借り物の世界
君を待つよ シルビア
二人組の弾き語りが なぜか胸に響いてくるよ
君を待つよ シルビア

でまかせのラブバラードで 君との日々を祝おう
傷跡もまだ癒えていないくせに 強い風に今夜も苛まれてる
変わりない笑顔を希望 それだけが僕の救いさ
戯れ合う猫の暮らしもやめて 一人泣き笑いながら生きてくんだよね
シルビア

地平線の向こう側に 何があるのだろう
君を待つよ シルビア

渡り鳥の群れもきっと そらぞらしく話しているよ
君のことさ シルビア

ガラクタばかり手に入れて 大切なものなくした
思い出はもういらないからと 夢に七色の貝殻を探した
天使もかすむ微笑み 柔らか過ぎるクチビル
君にまつわるすべてのことが 今奇跡みたいに思えてきて困るよ
シルビア

喫茶店のテーブルの上 氷を鳴らして
君を待つよ シルビア