Line

Lyricist: 新藤晴一    Composer: 岡野昭仁

どうせ叶わない恋ならなおさら
上手な愛し方 他にあるのに
窓に置いた本がはらり風に頁めくられ
月にあらわ晒されてる 救いのない最後の場面

いつでも優しい君に会いたい
「気の合う友達」君が言うならそれで
無邪気に惹かれ騒ぐ僕の心を憎めばいいんだろう
好きになりたくなかった

暗い部屋の隅 ぼんやり光る
液晶に浮ぶ 君のアドレス
夜更け過ぎに話すほどの特別な話題など
昨日までも今日からも僕には思いつけないで

泣きたくなれば君を想う
君を想ったらまた泣けてしまうから
切ない記憶ひとつひとつ 白くて冷たい吐息に消して
何も最初からなかった

誰もが君の笑顔見つめ
僕だけうつむき君のスニーカー見つめる
それでもそばにいられるなら 微妙な距離さえ愛おしくて

いつでも優しい君に会いたい
「気の合う友達」君が言うならそれで
無邪気に惹かれ騒ぐ僕の心を憎めばいいんだろう
好きになりたくなかった