閃爍著光芒

Lyricist: おおはた雄一    Composer: 中島ノブユキ

窓の外には夜が
音もなく広がって
果実の様に赤く丸い月が
浮かんでる

身体が縛られても
心は翔べるという
でも心が縛られていたら
どうすれば?

言わないで どんな一言でも
消えかけた 火がまた目覚め
冷えきった 私の手のひらを熱く
焚き付ける

時計の針の音が
静かに時を刻む
真夜中の空に浮かんでいる
虹を見た

さよならを 上手く言えないまま
残酷に時間は過ぎて
傷跡は見えなくなった今も
まだうずいている

光を
あつめて
心の底におりてゆく
ゆっくりと

止めないで どんな言葉ででも
消えかけた 火はまた目覚め
雨の中 炎は立ち上がる
やめないで どんな結末でも
そのままを私に見せて
にじんでる この街のどこかに
あなたをさがすの

光を
あつめて
心の底におりてゆく

ゆっくりと