砂(日文)

Lyricist: 山田 孝雄    Composer: 曽根 幸明
愛すれば 悲しみに出逢い
忘れようとして 苦しみが始まる
ひとり来た浜辺
すくい上げた砂が
この手の中で 失われてゆく
おさえても おさえても
溢れです涙
渇いた心を
抱きしめながら
私は砂に
砂になりたい

ふり向けば 思い出に出逢い
過去をほどいたら
傷あとがふえてた
歩き出す浜辺
すくい上げた砂が
つながりながら 失われてゆく
叫んでも 叫んでも
あの人は遠い
渇いた心を
どこかに埋めて
私は 砂に 砂になりたい
いつの日か いつの日か
悲しみは消える
その日が来るまで
静かな海で
私は 砂に 砂になりたい