Sangatsu Ga Zutto Tsuzukebaii

Lyricist: 堀江晶太    Composer: 堀江晶太

「三月がずっと続けばいい」
振り向けなかった ゆめのおわりを
なんてことない 言葉を
なんでもないような 秘密を
まだ おぼえてる

どうも上手に笑えないから
羨ましかった
わたしもあなたみたいな不器用がよかった

触れてしまいそうな距離でも
こころ 飾った
やっと見つめた ほんの横顔

群青 風がふいて
静寂 窓をゆらした
急かすみたいに
あなたに嘘なんてつかないけど
真実はもっと言えないのさ

三月がずっと続けばいい
叶わなくたって そばにいたいや
なんてことない 言葉で
なんでもないような 秘密で
わたしだけの あなたを探すの

三月がずっと続けばいい
さよならまでは 泣きたくないや
そっと ひらいた 花びら
いっそ このまま いられたら
「いつか」なんて知らず おわれたら
それでいいのに

どうしようもなく さびしいけど
わたしのせいだ
やさしくありたいよ
困らせたくないよ

偶然とか奇跡とか そんなこと 願った
そんなことしか 願えなかった

群青 風がやんで
静寂 心ゆらした
あと何日だろう
あなたに嘘なんてつけないけど
嘘でもいいから 触れたかった

三月がずっと続けばいい
ラブソングみたいに 胸がいたいや
なんてことない 言葉が
なんでもないような 秘密が
思い出になっちゃうのが こわいよ

三月がずっと続けばいい
一日が一秒になればいい
そっと 落ちてく 花びら
いっそ このまま いられたら
幸せだったかもしれないなあ

晴れの日 門出の歌も やんだ

振り向いて 最後に言わなくちゃ

「三月がずっと続けばいい」
春が来て 思い出すよ
なつかしくて わらっちゃうよ
泣いてしまうよ

「三月がずっと続けばいい」
「叶わなくたって そばにいたいや」
なんてことない 言葉で
なんでもないような 秘密で
わたしだけの あなたを探した

三月がずっと続けばいい
さよならはちゃんと 笑っていたいや
そっと 落ちてく 花びら
やっと 振り向いて 歌うのさ
どうかどうか 忘れないでね
「なんてね」
「じゃあ、さよなら」