君がいるなら

Lyricist: 澤部渡    Composer: 澤部渡

新しい朝の匂いの向こうに
いつもの横顔が見たい
黙ってたって過ぎてゆく年月(としつき)を
二人で重ねてゆきたい

何もなくても 君がいるなら
僕はまた歩いてゆける
はじまりなら いつでも傍に
転がってるような気がするよ

眠れない夜にはしごをかけて
風もない春に寄り添う
今がこのまま続いて行くならば
不安でも前を見ていたい

繰り返す日々
その対岸から 君の言葉を想う

忘れないのは 消せないのは
思い出す いつかの魔法で
何もなくても 君がいるなら
僕はまだ歩いてゆける
はじまりなら いつでも傍に
転がってるような気がするんだ