ひかり

Lyricist: aragaki yui    Composer: 葛谷葉子

鏡をのぞきこめば 色のない私がいる
kagami wo nozoki komeba iro no nai watashi ga iru
他の誰だって 君にさえも見せたことない
hoka no dare date kimi ni saemo miseta kotonai

誰かがそばにいれば 笑顔のとき過ぎるけど
dareka ga sobani ireba egao no toki sugiru kedo
一人になり急にあふれる 閉じた記憶
hitori ni nari kyuni afureru tojita kioku

身にまとった白いベール
mi ni matotta shiroi bell
いつのまにか重くなって
itsu no mani ka omoku natte
引きずりながら歩いていたことにさえも気づかぬまま
hikizuri nagara aruite ita kotoni saemo kizukanu mama

疲れ果てた足が崩れて
tsukare hateta ashi ga kuzurete
膝をついてしまったから
hiza wo tsuite shimattakara
私の冷えた身体に
watashi no hieta karada ni
ちらばる破片のキズがまた一つ増えてく
chirabaru hahen no kizu ga mata hitotsu fueteku

なんだか眠たくって なのになぜか寝れなくて
nanda ka nemuta kutte nanoni nazeka nerenakute
窓を開けてみる 静かな風と消えゆく闇
mado wo akete miru shizuka na kaze to kieyuku yami

時間が動き出して 今日も誰かと出会って
jikan ga ugoki dashite kyou mo dareka to deatte
そのたびにまた知らない自分に怯えてゆく
sonotabi ni mata shiranai jibun ni obiete yuku

いくどとなく暗い波が
ikudo to naku kurai nami ga
押し寄せては飲み込まれて
oshi yosete wa nomi komarete
それでも見えない明日に期待してはまた繰り返して
soredemo mienai asu ni kitai shite wa mata kurikaeshite

疲れ果てた腕が光を
tsukare hateta ude ga hikari wo
抱く力を失ったから
daku chikara wo ushinatta kara
続く道の足元
tsuzuku michi no ashimoto
照らすこともなくただそこにうずくまってる
terasu koto mo naku tada sokoni uzuku matteru

歩いてきた道の全てが
arui tekita michi no subete ga
忘れたいことだけじゃない
wasure tai koto dake jyanai
やさしさやぬくもりに
yasashisa ya nukumori ni
出会えたことも本当だから
deae ta koto mo hontou dakara

自分らしさの意味はまだ
jibun rashisa no imi wa mada
探している 途中だけど
sagashite iru tochuu dakedo
もう迷いたくはない
mou mayoi taku wa nai
自分の光で一歩ずつ歩いていきたい
jibun no hikari de ippo zutsu aruite ikitai