SHARAKUSAY

Lyricist: 森山直太朗    Composer: 森山直太朗

しゃなりしゃなり草の根を掻(か)き分けて
似たり寄ったり したり顔の自由人
悩みの種を庭に植えたら
百の花咲いた

上々な御時勢 序々に不条理な濁世(じょくせ)
言うべきことなんぞ やれ何処吹く風
理性は箍(たが)に 雁字搦(がんじがら)められ
夕焼け空を見落とす日々よ

SHARAKUSAY Oh 無自覚な未来人
SHARAKUSAY Yo ふしだらに平和なフューチャー
SHARAKUSAY Mo 誰彼かまわねぇや
SHARAKUSAY So 他ならぬこの俺か

修羅の如く 惚れた腫れた好いたで
夜霧の向こうにゃ 月はまた昇る
ならばせめてと言わず襟を立て
背中(せな)で語る慕情

やぶれかぶれたまた板の上の恋よ
一寸の虫にもお慰められましょう
千夜一夜の高嶺の花ならば
バイト先には咲くはずないぞと

SHARAKUSAY 盲目が故のんこのしゃあ
SHARAKUSAY 独り身だからこそいけしゃあしゃあ
SHARAKUSAY 強がりのち掻(か)き曇り
SHARAKUSAY が人並みに愛を乞う

露も知らぬ対岸の火事故に
悪びれつつ つつ早幾年(いくとせ)
理論武装の世界大戦じゃ
犬も踊らぬ佐渡おけさ

一人一人が いつしか十になり
悪しきことも膿みとなり流れた
けど手前(てめえ)がその一になると
鉛のように腰が沈む

SHARAKUSAY おおらか過ぎる日本人
SHARAKUSAY 道化に焼かれたアイデンティティ
SHARAKUSAY Moジタバタしたくねぇよ
SHARAKUSAY Soただならぬ世の為

SHARAKUSAY お猿真似のブルージーンズ
SHARAKUSAY ドンキホーテ気取りの兄ちゃん姉ちゃん
SHARAKUSAY つーかスプーンが入ってねぇよ!!
SHARAKUSAY が笑顔で乗り切ろうか

SHARAKUSAY 居そうで居ぬ宇宙人
SHARAKUSAY ぞ上辺だけ柔和な振りだもん
SHARAKUSAY な四の五の六の七の
SHARAKUSAY てそもそもなんだろうなぁ

SHARAKUSAY のSHARAってなんだろうなぁ
SHARAKUSAY So 他ならぬこの俺か