atarashiibasho

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎


新い場所


君とおんなじ名前の花を見つけたよ 道の端で
きみとおんなじなまえのはなをみつけたよ みちのはしで
kimi to onnaji namae no hana wo mitsuke tayo michi no hashi de

だけど この街じゃ君とすれ違っても僕は気付かない
だけど このまちじゃきみとすれちがってもぼくはきづかない
dakedo kono machi ja kimi to sure chigatte mo boku wa kidukanai

いつも窓辺に置いてた 時計はむこうに置いてきたよ
いつもまどべにおいてた とけいはむこうにおいてきたよ
itsumo madobe ni oite ta tokei wa mukouni oite kitayo

何もかもが新しく刻んでいけるようにこの場所で
なにもかもがあたらしくきざんでいけるようにこのばしょで
nani mo kamoga atarashi ku kizande ikeruyouni kono basho de


赤い星たちがビルの上に沈む 壊れたプラネタリウムみたいに
あかいほしたちがビルのうえにしずむ こわれたプラネタリウムみたいに
aka i hoshi tachiga biru no ue ni shizumu koware ta puranetariumu mi taini

それぞれのリズムで悲鳴をあげてるようだね
それぞれのリズムでひめいをあげてるようだね
sorezoreno rizumu de himei wo ageteruyou dane


いつか
いつか
itsuka

この胸にとどめた夢が 今すこしずつ動きだす
このむねにとどめたゆめが いますこしずつうごきだす
kono mune ni todometa yume ga ima sukoshizutsu ugoki dasu

灰色の空晴れる日は 七色の虹が架かるよ
はいいろのそらはれるひは なないろのにじがかかるよ
haiiro no sora hare ru hi wa nanairo no niji ga kaka ruyo

乾いた雨が街を通り抜ける
かわいたあめがまちをとおりぬける
kawaita ame ga machi wo toori nuke ru



君とおんなじ名前の花はしおれてた 雨の後で
きみとおんなじなまえのはなはしおれてた あめのあとで
kimi to onnaji namae no hana wo shioreteta ame no ato de

遠く離れた君を鮮やかに感じられた場所なのに
とおくはなれたきみをあざやかにかんじられたばしょなのに
tooku hanare ta kimi wo azayaka ni kanji rareta basho nanoni


鈴を外された捨て猫のようにつかれたプラットホームに肩をすぼめてる
すずをはずされたすてねこのようにつかれたプラットホームにかたをすぼめてる
suzu wo hazusare ta sute neko noyouni tsukareta purattohoomu ni kata wo subometeru

自分に壁の文字たちが呼びかける
じぶんにかべのもじたちがよびかける
jibun ni kabe no moji tachiga yobi kakeru

wu wu wu~

戦うことだけが人を強くするとは限らない
たたかうことだけがひとをつよくするとはかぎらない
tatakau kotodakega hito wo tsuyoku surutowa kagiranai

誰かに流した涙のぬくもりがムネつたう時
だれかにながしたなみだのぬくもりがムネつたうとき
dare kani nagashi ta namida no nukumoriga mune tsutau toki

本当の強さの意味を知ってく
ほんとうのつよさのいみをしってく
hontou no tsuyosa no imi wo shitte ku

生まれた時は誰も弱いから…
うまれたときはだれもよわいから…
umare ta toki wa dare mo yowai kara



戦うことだけが人を強くするとは限らない
たたかうことだけがひとをつよくするとはかぎらない
tatakau kotodakega hito wo tsuyoku surutowa kagiranai

誰かに流した涙のぬくもりがムネつたう時
だれかにながしたなみだのぬくもりがムネつたうとき
dare kani nagashi ta namida no nukumoriga mune tsutau toki


この胸にとどめた夢が 今すこしずつ動きだす
このむねにとどめたゆめが いますこしずつうごきだす
kono mune ni todometa yume ga ima sukoshizutsu ugoki dasu

灰色の空晴れる日は 七色の虹が架かるよ
はいいろのそらはれるひは なないろのにじがかかるよ
haiiro no sora hare ru hi wa nanairo no niji ga kaka ruyo

乾いた雨が街を通り抜ける
かわいたあめがまちをとおりぬける
kawaita ame ga machi wo toori nuke ru

乾いた夢は壁にはりついてる
かわいたゆめはかべにはりついてる
kawaita yume wa kabe ni hari tsuiteru

破れる前にも一度だけ このムネに抱きしめてる
やぶれるまえにもいちどだけ このムネにだきしめてる
yabure ru mae nimo ichido dake kono mune ni dakishi meteru

あの日夢見た自分を
あのひゆめみたじぶんを
ano hi yumemi ta jibun wo