線香花火 ~8月の約束~

Lyricist: Sonar Pocket    Composer: Sonar Pocket/KAY

人で溢れた江ノ島で 二人だけのパラソルの中
かき氷で青く染まる唇見て 二人笑う
茜色の空見て ギュッと手繋いだ
満点の星空の下 肩を並べて二人寄り添って

線香花火が消える前に 二人の灯りを点したなら
来年の8月もこの場所へ
想い出のページをまた一つ描きに来よう

「休みになったら何処に行こうか?」
「一緒だったら何処でもいいよ♪」
些細なやりとりも幸せに感じれた
こんな風に計画立てたり 同じ景色君と出掛けたり
まだまだまだ尽きない想いは君だから
きっと一瞬で過ぎる季節 だからこそこの瞬間(とき)を忘れないように
真剣な横顔を強く焼きつけるよ
橙色の光が照らした夏の日

線香花火が消える前に 二人の明日にキスをしたら
来年の8月もこの場所へ
想い出のページをまた一つ描きに来よう

ポトリと落ちた光 僕らは一生消さない想い
来年もその先も変わらない 君と過ごしたいから

線香花火が消える前に 二人の灯りを点したなら
毎年8月はこの場所で
約束しようよ 「一緒にまた来ようね。」