薄ら氷心中

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 椎名林檎

ねえ、如何して目を合わさうともしないの 何故
屹度 「直視に耐へない。」とでも云うのでしょう だうせ
じゃあ 一体誰よ こんな女にしたのは誰

ねえ、待つてゐたんだよ追つて来てくれるのを ずつと
やっと会えたってのに抱いてもくれないのかい 一寸
あゝ 人生ご破算 お前さんあんたの所為だって

分かんないの 仕合せって何 何れが其れだってのよ
面倒臭いわ 脳味噌も腸もばら撒いて見せやうか
骨の髄まで染め抜かれた女をご覧なさい

好きよ大好き 皆あんたに上げる いゝえ
嫌ひ大嫌ひよ 矢っ張り返して今直ぐ なんて
もう遅いわ南無三 お前さんで出来てんだ 全部

分かってんの 仕合せも、不幸も 刻一刻消え失せる
冷やこいやうで温かいこの手が 味わひ尽くしたわ
これ以上は何にも無いと思うの 憎く可愛い人よ
痛いやうで 気持ち良いお別れよ
過ぎ去ったあの日々
留めてゐるまゝの生命ごと終はらせて仕舞いたい

薄らいで行くわ 私は独り法師