Kanashimi Ha Kitto

Lyricist: TAKUYA∞    Composer: TAKUYA∞・平出悟

心だけは 捨てないよ
これが終わりだとしても 誰にも思い出とか希望は奪えない

手を重ねた時の 温もりをイメージして
辛い時ほどほら 笑ってみせるよ

いつも僕は 嫌な事一つで 良かった事全部を
忘れてしまいそうになるけれど
少しずつ強くもなって 想いを 想いを

立てないほどの哀しみが 僕を選んだとしても
誰かが この運命の籤(くじ)を背負うなら
僕は 避けて生きるだけの人になりたくない
辛いのは分かってるけど 明日笑えるように

運命の紙縒(こよ)りは 巡るゲームのように
振られたサイにほら 人は当てられた路 辿って行く

この目に映る全ての物は 奪われたり失くしたりするけれど
君がくれた言葉だけは 誰にも奪えない

何も見えない暗闇の 愛が消えた夜には
眠りにつく前に 君を思い出す
明日君と一緒に見た 雲を探しに行こう
無理なのも分かってるけど
今日よりちょっと進むために

素敵なものにでも どんなに辛くても
一々憂いていられない時代で
楽はすぐ過ぎ去り 辛い時の方が永く感じる
嫌な相対性理論の中で過ごす

空を眺めゆっくりと 浮かぶ はぐれ雲を見て
いつかの僕みたいだね 君の声を探してるよ

サヨナラは言わないことにしょう これが終わりだとしても
自分でさえ 希望とか心とかって奪えない
一日が終わり眠る前に 明日会えるかな?とか
無理なのも分かてるけど 愛の住む心のど真ん中は
誰にも奪えないから 明日を笑って迎えるために

ふわふわ はぐれ雲が僕の憂鬱と共に流れて行く
同じ雲に まだ誰かが「自分みたい…」って重ねるのだろう