Gairo, Light No Akaridake

Lyricist: n-buna    Composer: n-buna

悲しいことなんて 思い出さないように 蓋をする
優しい言葉って 思い出せないし いらないよ
連れないことばっか言わないでよ
一つは返事して
街灯の暗さじゃわかんないからさ
口じゃ言えないからさ

ねぇ 笑った振りをしてって
ねぇ 怒った振りをして
ねぇ どうしても裸眼じゃ上手く見えないから

君と夜を縫っていく
夜の街を縫っていく
暗い街路 ライトの灯りだけ
足音を刺した薄い夜
いつも君を待っていた
意味がそこで立っていた
下手な泣き真似をしている君が見える

寂しい夜なんて 思い出さないように 蓋をする
優しい嘘なんて すぐ消えちゃうものを出さないで
連れないことばっか言わないでよ
少しは側にいて
悲しさは言葉じゃわかんないからさ
顔が見えないからさ

ねぇ 歩いた跡を見てって
ねぇ 凄く遠くに来たんだ
どうしても裸眼のままじゃ見えないんだよ

いつか君を待っていた
二人夜を待っていた
逃げるように ライトの灯りだけ
君の手の温度 深い夜
今も夜を待っていた
意味もなく笑っていた
下手な口笛をしている君が見える

ねぇ 笑った振りをしてって
ねぇ 怒った振りをして
ねぇ どうしても滲んだ声が消せないから

君がただ笑っている
夜の街を縫っていく
暗い街路 ライトの灯りだけ
足音を刺した薄い夜
いつも君を待っていた
意味がそこで立っていた
下手な泣き真似をしている君が

君が見える