Diver

Lyricist: Tatsuya Mitsumura    Composer: Tatsuya Mitsumura

あの水平線が遠ざかっていく
青すぎた空には明日すら描けなくて
息もできないくらい澱んだ人の群れ
僕はいつからここに潜り込んだんだ?

悲しみなんて吐きだして 前だけ見てればいいんだっけ
それじゃとてもまともでいられない
すべてを僕が敵にまわしても 光をかすかに感じてるんだ
そこまで行けそうなら

息をしたくて ここは苦しくて
闇を見上げるだけの夜は もがく減圧症のダイバー
生きているんだって 確かめたくて
深い海底を目指してもう一度 呼吸をしょう

頭の中の地図をひっくり返したら
足りないものだらけで 独り怯えた昨夜
僕は強いんだってずっと思ってた
誰よりも強いってずっと思ってた

迷子になった白鳥が 星の夜空に浮かんでいた
慰めのように降り出した雨
だけどどうやら僕らはなれそうもない 星が星なら僕は僕さ
どこまで行けそうかな

重たい錨を背負い込んで ほんの少し折りを吐きだして
まるで合図のように降りだした雨

息をしたくて ここは苦しくて
闇を見上げるだけの僕じゃ 浮かぶ方法もないダイバー
生きているんだって 確かめたいならそう
深い海底を目指してもう一度だけ
息をしてみて
ただの幸せに息づいたら もう二度と溺れないよ