夏恋慕 (feat. 春茶)

Lyricist:     Composer:

君が好きって分かっちゃうな
水色に溶けた空
落ち着かない僕を 知られたくない
少し後ろを歩く まだ夏の匂いが
潤んだ瞳を 歪めているんだ
君はふわり届きそう 届かないけれど

ゆらりゆらり揺れる水面に
僕は君の隣で良いの
きらり光るその眼差しで
夏色に心は踊る 零れそうな恋が染まる

君に好きって言えないな
奇跡は滲んで まだ君のことを
思い出にしたくない
青か夏が暮れていく
まだあの鈴の音(ね)が浮かんだ
僕を揺らしているんだ
君が笑う
それだけで良かったはずなのに

ポタリポタリ零る夏の日の僕は
君に恋していいの
闇に溶ける花火みたいに
君を前に心が覗く
ふらりふらり君に揺れる

もっと隣で茜色が波に染まる
そっと教えてよ 壊れないように
優しく君と僕だけの思い出が
くるりくるり泳ぐ

ゆらりゆらり揺れる水面には
僕は君の隣で良いの
きらり光るその眼差しで
夏色に心は踊る
青の様に
儚いような零れそうな恋が染まる