微風徐徐的夏日記憶

Lyricist: 森月キャス・Rap詞:Mitsuhiro Hidaka    Composer: 大西克巳


風に薫る夏の記憶
想い出は遠きSummer Days
永久を誓う淡い気持ち
はじまりはそんなSummer Night

恋は偶然と必然との狭間で
まるで突然に芽生えるもので
瞳を奪って
僕を夢中にさせた
髪を束ねた
浴衣の君に

夕闇の空に踊る夏祭りの灯火の群
また次の夏も君と二人で来たいな

十年後の夏の記憶
刻みたい君とSummer Days
一夜一夜 一つ一つ
永遠はそんなSummer Night

もう二度とこの夏は
めぐることはないから
ただ君の手を強く
握るしかできなくて

風に揺れ頼り無く
懐かしい香りが…
(You know I…)
あの日から ひとひらの祈りが
優しく心を満たす
(Now and Forever…)
君といる今

愛は漠然と抱くものではなくて
まるで運命が導くように
海が見たいって
淋しげな君の声
守りたくなって
ハンドルを切った

砂浜に寄り添いながら細く伸びた足跡のように
また次の夏も君の隣にいたいな

風に薫る夏の記憶
想い出は遠きSummer Days
永久を誓う淡い気持ち
はじまりはそんなSummer Night

もうどんな未来にも
迷うことはないから
ただ僕の手を強く
握るだけでいいから

手の平を伝う様に
紡ぐストーリー
この夏がもうすぐ終わりでも
何度目かの初めてを始めよう
君がくれた過去を彩って
明日へ渡そう

十年後の夏の記憶
刻みたい君とSummer Days
一夜一夜 一つ一つ
永遠はそんなSummer Night

風に薫る夏の記憶
想い出は遠きSummer Days
永久を誓う淡い気持ち
はじまりはそんなSummer Night

もう一度あの夏に
めぐり逢えたとしても
また君の手を強く
握りしめていいよね