GILT

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

深いほど 切ないのが きっと愛なんだろう 心が揺れる
高層ビルに 挟まれた 君は儚く優しく笑う

本音を悟られるのが 嫌だったけど 君はいつも本音をくれた

想うほど焦がれるほど好きになるほど 離れなければいけなくて
許されない想いで 自分を傷つけるなら
どんな掟も 破り捨ててみせる

大人になって 患った 病はいつもよりたちが悪い
きっとこれは恋じゃないと あとどれぐらい心塞ぐの?

日陰に身を落とすなら せめて 僕の愛の日向で輝いて

きっと孤独も言葉も涙も理由(わけ)も 僕と生きていくためのもんさ
君は君でしかいられないのならば 僕は僕として
今 君に誓う

夢も現実も放り出して 迎えにいくよ 例え 世界の淵へでも

君の未来を奪い去るのは僕で 背徳であっても構わない
君は君でしかいられないのならば 僕は僕として
どんな罪でも 抱え歩いてくだけ