36℃

Lyricist: 山村隆太    Composer: 山村隆太

息遣い一つさえ愛しい
すべての時計の針を止めたい ほどに
同じ 毛布に包まって
この街の この小さな部屋の 隅で

窓を打つ雨は やまない素振り
なのにさ 君のぬくもりだけで
この胸に 日は昇る

そっと 抱きしめて 傷まで暖めあって
36℃の思い 重ねあわせ
決して 離さない どんなに 引き裂かれたって
ずっと心の奥には 君しかいない

目を閉じてごらん 触れて
夢じゃない愛

雨が上がったら出掛けよう
二人なら 未来が景色を ひらく
わけもなく 泣いて すれ違って
忘れよう とした 幾つもの夜を
超えて 今 ここにいる

風が 吹く春 打ち付ける夕立の夏
出会った思い出の秋 寄り添った冬
いつも 探してた 小さな その背中だけ
なんど 巡っても ここにしか
居場所なんてない
生まれた意味を くれた 君という夢

もう一度…
そっと 抱きしめて 傷まで 暖めあって
36℃の思い 重ねあわせ

決して 離さない どんなに 引き裂かれたって
ずっと 心の奥には 君しかいない
目を閉じてごらん 触れて
夢じゃない愛