エンドロール

Lyricist: MID    Composer: MID・花井諒

何が待っているんだろう この日々は宝物

澄み渡った空の向こう
眩しくて何も見えないよ
僕は大人になれるのかな

やりかけの宿題とか 僕が背負った宿命とか
とっちらかったまんまだ

そう眠たい目をこすったら
思い浮かぶみんなの笑い声がする
僕はいっぱいの確かを僕はいっぱいの言葉を
感じて今ここにいる

エンドロールからはじめよう
そうここからも僕らのはじまり
僕の日々あなたの日々
重なってすごいよ

澄み渡った空のように
僕にそっと寄り添っていて
何年経っても変わらず

染みになったノートの端 僕が背負ったかばんの傷
古くなっていってしまっても

そう眠たい目を閉じたら
1日が今日も終わってしまうよ
僕はいっぱいの景色と僕はいっぱいの記憶を
抱きしめ今日も生きている

何が待っているんだろう
そう毎日が僕らのはじまり
迎えに行く目を開けたら
最高の最高の気分さ

エンドロールからはじめよう
そうここからも僕らのはじまり
僕の日々あなたの日々
重なって重なって重なって重なって
すごいよ

すごいよ