脱獄

Lyricist: Neru    Composer: Neru

仄暗い城壁で淘汰した ガス臭いこの街に生まれて
僕らまだ草原の 色も知らない
ここでずっと救いを待ってても モノポリーが上手くなるだけさ
君はそう笑っていた

群衆の悲鳴 響く銃声 何を命と言うんだろう
白い息混じり 君は呟いた「逃げよう」

あの頃僕ら 夢を見ていたんだ
この檻の先には 温もりと愛がきっとあるんだ
閉じた窓の 向こうへ飛んでいく
夢を見るのも 何回目だったっけ

遥か遠い思い出の話 君が自慢気に見せてくれた
馬鹿みたいな設計図 子供の空想
そして手招く君に釣られ たった今目の前にあるのが
あの日の飛行船だ

遠ざかるブザー 騒ぐ警官 発砲の合図が飛ぶ
僅かな隙間 朽ちた天井を 抜けた

あの頃僕ら 夢を語っていた
この檻の上から ゴミの様な都市を見下ろすんだ
錆びたスロットル 骨が折れるくらいに
目一杯押し込んで今 現実を突破しよう

警告のサイン 不明な素因 止まらぬエラーランプに
顔色変えず 高度上げて君は

笑う

エンジンがヒートして 機体がどうしたって
気にもしない程に トリップしてしまう大空は偉大さ
身ごとどっかに 吹き飛んでしまったって
これはこれでもう いいんだって思っている